Python を使って解析

Python は多くの数値や多量のデータを処理するのに優れたプログラミング言語です。

プログラム作成に便利にしてくれるJupyter Notebookはグラフ作成やレポート作成までカバーしてくれます。
Pythonとそれを拡張するライブラリやNotebookソフトをまとめてインストールのにAnacondaを使います。
Jupyter Notebook を起動するにはANACONDA NAVIGATER からか、
または Terminalから

$ jupyter notebook

で起動します。
JupyterLab の使用
複数のNotebook をタブで切り替えて同時に使えるものでAnacondaでインストールします。起動するにはTerminalから

$ jupyter lab


で起動します。ウィジェットなどは拡張機能をインストールすることによりNotebookを置き換えることが出来ます。

notebook用のソースコードをGitHubに上げましたので、ダウンロードして使ってください。
https://github.com/miturt/BodyPython

iPhoneで作成されたcsvファイルを読み込みグラフ化する

Graph1.ipynb

基本的なグラフを描画するCellを集めました。

  1. ジャイロスコープ 3軸 gyroX , gyroY , gyroZ
  2. 加速度の各軸方向のグラフ accelX accelY accselZ
  3. 単位重力ベクトルのxyz方向の値 gravX gravY gravZ
  4. 姿勢=各軸周りの角度 attrPitch attrRoll attrYaw
  5. 時間軸の拡大
  6. さらに拡大
  7. 時間をつなげる

freqAna.ipynb

高速フーリエ変換(FFT)による周波数分析です。

窓関数としてハニング窓を適用したれいです。実行する前に 8,9行目のデータファイルの指定、および41,42行目の区間の指定を変更してください。